トレンドブログで使う画像の著作権ルールは?ペナルティやアカウント停止のラインは?

 


 

こんにちは!

Ruriです。

 

今回は、トレンドブログに使う画像ってどうしたらいいの?

というところについて掘り下げていこうと思います。

 

私もブログを始めたころは『画像ってどこまでが著作権的に大丈夫なのかな?』

と色々心配だったので

 

ブログを実践している上で私なりの見解を書いていきたいと思います。

 

トレンドブログで画像を使いたい場合はどうしたらいい?

今回、メルマガ読者さんから以下のような質問をいただきました。

 

 

キーワード35個プレゼント(Ruriのメルマガ購読者様にプレゼントしているもの)に、

 

嫁 画像、

 

子供 画像

 

筋肉 画像  などがあり、

 

キーワードに「画像」を使った場合、
その画像はどうするんでしょうか?

 

画像は勝手に掲載できないと思うのですが、
また、ツイッターからもってくる手法というのも
あるそうですが、それも出どころがあいまいな場合は
使えそうにないと思います。

 

「〇〇、かわいい 画像」とかがキーワードになってしまうと、
当然、検索者さんは画像がみたい!と思われてるはずなので、
Ruriさんは、どうされてるのかと思ってメールをしてみました

 

ご質問いただき有難うございます^^

 

確かに、トレンド系のキーワードだと

 

「人物名+○○+画像」というキーワードは良く出てくるので

その画像をどうするか、という問題は避けて通れないところですよね。

 

トレンドブログで芸能人の画像などを使うと著作権的にはアウト?

ブログ内で人物の話題を取り扱う場合

 

著作権フリーの画像で説明するにはどうしても無理がある箇所が出てきてしまいます。

 

 

アイキャッチ画像くらいであれば、

 

この記事のアイキャッチのように「フリー画像+文字」で表現することができますが

 

ブログタイトルに「○○ 嫁 画像」というキーワードを入れているのに記事内で人物画像を入れないのはおかしいですよね。

 

 

著作物の引用に関しては以下が基本の考え方となります。

 

『引用は、引用者のオリジナルのコンテンツを発信するために他人の著作物の引用が必要不可欠な場合に限り、適法とされる』
引用:https://kigyobengo.com/

 

つまり、

 

必要不可欠ではない箇所に著作物を貼るという事は著作権の侵害にあたります。

 

しかし、全ての著作物について引用の許可を取っていると

 

何かを論じたり、批評したりという記事も

 

承諾がない限り書けなくなってしまいますよね。

 

それでは文化の発展を阻害することになりかねない、

という観点から著作権法32条1項では一定のルールに従った引用に関しては

承諾なしでの著作権物引用を可としています。

 

実際のところ、トレンドブログで画像を使いたい場合はどのような基準で使ったらいいのでしょうか。

 

私Ruriが実践している上での基準をお話したいと思います。

 

トレンドブログで画像を使いたい場合はSNSをまずチェックしよう!

 

私Ruriが

 

「○○ 嫁 画像」や「○○ 姉 画像」

 

といったキーワードで引用したい画像を探すとき、

 

真っ先にチェックするのがツイッターやインスタなどのSNSです。

 

 

その中でも、特に「本人の公式アカウント」を探します。

 

現在は芸能人でもスポーツ選手でも

 

Twitterやインスタの公式アカウントを持つ人が増えています。

 

本人が自発的にアカウントを開設している場合もあれば、

 

事務所やスポーツ協会が「もっと認知されるために個人のアカウントで発信しなさい」と

指示しているケースも多いと思います。

 

・歌手、アーティスト

・俳優、モデル

・アナウンサー、コメンテーター

・お笑い芸人

・サッカー選手

・ラグビー選手

・卓球選手

・柔道選手

・空手選手

などなど・・・

 

SNSをやっている有名人は山ほどいますよね。

 

実際に本人のアカウントを調べてみると

 

家族や彼女をインスタやTwitterに載せている人も多いんです。

 

 

例えば、

 

サッカー日本代表の川島永嗣選手のインスタ。

 

View this post on Instagram

プチ散歩。 Petit promenade☀️ #散歩#たまには2人で#ストラスブール#フランス

A post shared by 川島永嗣 Eiji Kawashima (@eijikawashima01) on

 

隣にいるこの美女は奥様です。

 

思いっきり顔出ししていますね!

 

 

TwitterやインスタなどのSNSは基本的に拡散が前提のツールなので、そこに本人が投稿している画像に関しては

引用しても問題ありません。

 

むしろ、拡散してほしいからSNSに載せているんですよね(拡散したくない場合はアカウントにロックをかけている)。

 

『彼女』や『彼氏』をオープンにしている日本人の有名人は少ないですが、

外国人は彼女や彼氏でもバンバンSNSに投稿する傾向にあります。

 

私は外国人選手の記事も良く書きますので

外国人選手のインスタやTwitterはかなり重宝しています笑

 

スポーツ選手の記事を書いていると、

本人やご家族のアカウントから「いいね」をもらえることもありますよ!

 

※ちなみに、ネタとして外国人選手はライバルが少ないのでとってもおススメです。

特に、日本人と対戦する相手は注目されます^^

 

トレンドブログにテレビ番組の画像を載せたい!そんな時は?

トレンドブログの場合、バラエティー番組の話題を取り扱うこともありますよね。

 

「このシーンの画像を使いたい!」

 

といった場合はどうしたらいいのでしょうか。

 

 

こちらに関しては、

 

テレビ画面を写メしたようなキャプチャ画像を載せるのはNGです。

 

実際、いまだに多くのトレンドブログでこのようなキャプチャ画像を見かけますが

本来はダメですね。良い子はマネしちゃダメですよ!

 

 

著作権に関して迷った画像や動画があった場合は「文章にして説明」するということもしています。

 

意外と文章だけで十分説明できるケースもあります。

 

 

「本人のアカウントには画像が見つからなかったけど

Twitterにはバラエティー番組出演時の家族の画像が載っていた」

 

という場合は、

 

・削除依頼が来るかもしれないけど貼らせてもらう(あくまでも自己責任で)

・画像は載せず、文章で説明する

 

のどちらかを選択する形になります。

 

「お問い合わせフォーム」を設置しておけば、「この画像は削除してください」という依頼も受けられますので

トラブル防止の為にも「お問い合わせフォーム」は必ず設置しましょう。

 

また、削除依頼が来た場合はすみやかに削除することを徹底しましょう。

 

トレンドブログでSNS以外の画像を載せたいときは?

トレンドブログにツイッターやインスタで十分な画像が見つからない時や、SNS以外の画像を使いたいときはどうしたらいいでしょうか。

 

Ruriは以下のような基準で対応しています。

 

画像を使用する際の注意点

・画像の下に引用元(出典元を明記する)

・一般人の映り込みはモザイクをかける(観光地での映り込みなど)

・水着や露出の多い画像は載せない(これは著作権というよりアドセンスの規約違反)

・反社会的勢力に関する画像は載せない

・ディズニー関連の画像は絶対に使わない

 

水着や露出の多い画像は載せない、というところについて

「どの程度までいいのか?」と思われると思いますが、私の体感としてはグーグルは”かなり厳しく見ている”と感じています。

 

 

グーグルは『ポリシー違反に該当する』と判断したものがあった時に、該当のページで広告配信を止めるという措置を行い

自身のアドセンス管理ページのポリシーセンターへ「このページに違反があったから広告止めてるよ、直したら再申請してね」といったお知らせが届きます。

 

今まで、私のブログで「え?この画像が引っかかるの!?」と思ったものに関してご紹介すると

 

 

・過去にレースクイーンだった経歴がある方のレースクイーン時代の画像(水着ではない)

・ミニスカートを履いているインスタ画像

・女子プロレスの画像

 

 

などがポリシー違反(ページごとの)として引っかかったことがありました。

 

「ミニスカートもダメ?グーグルさんどんだけ厳しいんだ・・」

 

とも思いましたが、

 

「引っかかっているのはこれかな?」という画像を削除し再申請したところ

 

あっさりポリシー違反は消えました。

 

 

基本的には「子供(幼稚園児や小学生)に見せてもOKな記事」という目線で書いていけば大丈夫で、

その目線を(過剰なくらいに)徹底してからは引っかかっていません。

 

グーグルがポリシー違反を取り締まるとき、

自動(AI)で取り締まる場合とグーグル社員が目視&手動で取り締まる場合があります。

 

自動ペナルティだった場合は、ちょっと過剰にAIが反応してポリシー違反判定しまうことがあるようです。

 

自分で記事を見直しても「これはポリシー違反には当たらない」という

自信がある記事であればそのまま再申請をするとあっさり通ることもあります^^;

(ミニスカートの写真は、全然過激なものではなかったのでもしかしたらあのまま申請したら通ったかもしれないとも思います)

 

芸能人やスポーツ選手の画像もこれまで載せてきていますが、これまで特に大きな問題になったことはありません。

 

芸能事務所によっては「画像の使用」について厳しくチェックしているところもあり、

これまでに一度だけ「画像の取り下げ依頼」が来たことがありました。

 

 

指摘のあった画像を消し、

公式HPで公開されているものと本人のSNS画像に差し変えてお詫びのメールを返信したところ

それ以降おとがめは有りませんでした。

 

なので、基本と常識を守って書けばそんなに怖がることではないので安心してブログに取り組んでくださいね^^

 

トレンドブログで絶対に避けるべき画像は?

続いては、

トレンドブログで絶対に使うべきではない、避けるべき画像についてです。

 

 

これは説明するまでもないのですが・・・

 

・誹謗中傷につながる画像

・凄惨な事故現場の画像

・勝手に犯人を推測した画像

・被害者に関する画像

・差別的な画像

 

などは絶対に避けましょう。

 

ツイッターなどのSNSに、

面白半分で事故現場の画像を掲載したりする人もいるので
安易に引用するのは絶対に止めましょう。

 

このあたりは、グーグルもかなり厳しく取り締まっていて

「一発アカウント停止(アドセンス永久追放)」になる可能性があります。

 

そもそも、

 

ネタとしてこういった話題は扱わない方がいいです。

 

決して書いていて楽しいものではないですし気分も暗くなるので

こういったネタの記事更新は気力が続かなくなりますよ。

 

 

ブログ運営を続けていく以上は、

自分の記事に責任を持って投稿しなくてはいけません。

 

 

せっかく書くなら、

 

楽しい話題や誰かの役に立つ話題で楽しく続けていきましょう^^

 

トレンドブログで使う画像の著作権ルールは?ペナルティやアカウント停止のラインは?まとめ

今回は、トレンドブログで扱う画像の著作権について私なりにまとめてみました。

 

著作権については、じっくり調べ出すと色々な見解がありますので

 

ぜひご自身でも調べてみてくださいね。

 

 

私のおすすめな方法は

 

・本人や公式アカウントの画像や動画を貼る

 

です!

 

最後までお読みいただき有難うございました。

 

人気ブログランキングに参加しています!

ランキングの応援をお願いします♪

 

Ruriのブログ【アドセンス for you!】は

人気ブログランキングに参加しています。

 

画像をクリックするだけでRuriにあなたの声援が届きます!

Ruriのメルマガやブログの記事が

 

少しでもあなたのお役に立てましたら応援クリックをしていただけるとさらに頑張れます!

 

\ぽちっと応援クリックをお願いします!/

Ruriの順位をのぞいてみる!

 

いつもありがとうございます。これからもあなたのお役に立てる記事を配信していきます♪♪

Ruriの無料メルマガ登録はコチラ★

コメントは2件です

  1. ナルカナ より:

    こんばんは。ブログランキングから来ました。アフィリエイト初心者ですので、大変参参考になりました。ありがとうございました。

    • microtrend より:

      コメントありがとうございます^^
      参考にしていただけたようで嬉しいです!また有益な情報をお届けできるように更新頑張ります。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

Ruri

OLしつつ副業で楽しく稼ぐ♪Ruri
詳しいプロフィール

ご覧いただきありがとうございます。

Ruriです。

30代でOLをしながらネットビジネスの副業(主にアドセンス)で初心者から始めて4か月目で月収45万円を達成!

こちらのブログでは、実践記やノウハウをご紹介していきます~^^
 

月収45万円を達成した秘訣を無料レポートにまとめました。
 

・どんな記事を書いたか

・いつ何記事書いたか

・どの位作業したか

・ネタ元はどこか

をまるっと公開中です!

 

★メルマガ登録で無料プレゼント中★
 
ご登録は以下の『メルマガ登録ボタン』より、メールアドレスのみで簡単にご登録いただけます^^


友だち追加

最近の投稿
■メルマガバックナンバーはコチラ■
これまでに配信したRuriのメルマガはコチラから読めます。